発祥の地bannar
新聞発祥之地
 [しんぶんはっしょうのち]


場所
山梨県甲府市中央4丁目
コメント
JR中央本線の甲府駅から 南東に600m。
NTT山梨支店の南側, 道を隔てて向い側の駐車場脇に 黒御影石の石碑が建っている。

1872(明治5)年に この地で「峡中新聞」が創刊された。当初は木版摺りでほぼ月刊の 県庁広報誌だった。 しかし 甲州における明治初期の農民一揆のため 発行不能に陥り, わずか8号まで発行しただけで終刊となり, 翌年「甲府新聞」と名前を変えて発行されるようになった。1876(明治9)年には「甲府日日新聞」と改称, 1822号まで発行された。
一時休刊の後, 1881(明治14)年から 現在の「山梨日日新聞」と名称を変えて日刊となり 現在に至っている。

以上の歴史を踏まえて, 山梨日日新聞は「現存する我が国最古の新聞」であるとしており, 1972(昭和47)年に 創刊百周年を記念して この発祥碑が建てられた。

一方, 毎日新聞も 1872年に「東京日日新聞」として創刊されていて, やはり 「日本最古の新聞」と称している。
「東京日日新聞」の創刊は 1872年2月21日, 「峡中新聞」は同年の7月1日とされているから, 前者の方が「最古の新聞」に該当するように思われるが, それ以外の事情は不明である。

ちなみに, 日本における最初の日刊新聞は「横浜毎日新聞」(1870=明治3年)であるが 現存しない。
また, 「読売新聞」の創刊は 1874(明治7)年で, 「同じ題号で続いた最古の新聞」と称している。

撮影日
2006年10月
碑文
新聞発祥之地

  峡中新聞は明治五年七月一日 甲府八日町十六番屋敷の地において
  創刊された。のち改題して 甲府新聞 甲府日日新聞を経て今日の
  山梨日日新聞に至る 現存する わが国最古の新聞である ことし
  創刊百年に当り 発祥の地をもとめて 現甲府市中央四丁目二ノ二
  七を得た よってここに建碑して長く記念とする

    山梨日日新聞創刊百年
    昭和四十七年七月一日
        山梨日日新聞社会長野口二郎 建之
                 碧堂荒井衛一書

新聞発祥之地碑 NTT山梨支店
新聞発祥之地 碑
NTT山梨支店