発祥の地bannar
二十六聖人発祥之地
 [にじゅうろくせいじんはっしょうのち] 


場所
京都府京都市下京区妙満寺町
コメント
四条通りから 岩上通り(堀川通りの一筋西)を 南に入り, 1ブロック先の 綾小路通りとの 交差点に「妙満寺跡 二十六聖人発祥之地」と書かれた石標が建っている。

妙満寺は 法華宗の総本山で. 16世紀にこの地にあったが, 豊臣秀吉により 寺町二条に移転した。 (現在は 左京区岩倉幡枝町)
フランシスコ会バプチスタ神父は, 秀吉より 広大な妙満寺跡地を与えられ, 南蛮寺(教会)を建てて ここを本拠に キリスト教の布教活動を行った。 また 西洋式の病院や修道院などを建てた。
その後 キリシタン禁令により迫害を受け, 1597年に バプティスタ神父他17名が この教会で捕らえられ, 他の地域で捕らえられた者を含めて 長崎に送られ, 処刑された。外国人宣教師6人と 子供を含む日本人20名であった。
後に 彼ら26名は ローマ教皇により“聖人”に列せられた。 長崎の西坂には「と日本二十六聖人の殉教碑」がある。

この標石から 100メートルほど北に 「フランシスコの家」という建物があり, 「日本カトリック教会  信仰の初穂 二十六聖殉教者 発祥の地」と書かれ(写真中段), また 下記の案内板が建てられている。

     日本最初の殉教者26聖人ゆかりの地
        南蛮寺跡(フランシスコ会教会跡)とダイウス町

 この付近一帯は切支丹時代にフランシスコ会の南蛮寺 (教会)病院・修道院・学校があった所です。また周囲には 多くの信者が住み, 都の人々からは, この所をダイウス町と呼 ばれていました。ダイウスとはラテン語のデウス(神)からき た言葉で, デウスを信じる人びとの町から, こう呼ばれていました。
 文禄2年(1593年)フィリピン総督の使節として来日 したフランシスコ会士ペトロ・バプチスタ神父は, 太閤秀吉よ りこの付近一帯(妙満寺跡)に, 教会・修道院などを建てる広 大な土地を与えられました。翌文禄3年(1594年)8月に 教会・修道院・学校と聖アンナと聖ヨゼフに捧げられたニつの京 都最初の西洋式病院が完成し, ここに多くの貧しい人びとや見 捨てられた病人, 子供を収容しました。
 文禄5年(1596年)秀吉はキリシタン迫害を始め 京都 大阪に住む宣教師や信徒を捕らえました。ペトロ・バプチスタ 神父以下5名のフランシスコ会士パウロ鈴木, レオ鳥丸ほか 12名の日本人信者がこの南蛮寺で捕らえられました。慶長元 年(1597)1月3日大阪で捕らえられた2名を加え, 2月5日 長崎西坂の丘で十字架にかけられて殉教しました。これが日本 最初の殉教者「日本二十六聖殉教者」として知られています。

(2007.8 追加)

四条堀川の交差点からすぐ南に“京都四条病院”が建っている。
ビルの一番南の通用口脇に「二十六聖人発祥の地」と書かれたプレートが貼り付けられている。 (写真下段)
この病院は, バプチスタ神父が造った病院の跡を引き継いでいると思われる。

撮影日
2004年6月,2007年6月 
碑文1
妙満寺跡 二十六聖人発祥之地

   1979年7月

碑文2
四条病院前 (2007/8追加)
SUS OBRAS HABLAN
  二十六聖人発祥の地

ここから西百メートル妙満寺町に一五九四年フ ランシスコ会のペトロ・バプティスタ神父により 聖マリア教会 病院 学校 スペイン使節館が建て られた
一五九七年二月五日に長崎で殉教した二十六聖 人は同神父をはじめ五名のフランシスコ会士と 三名の日本人イエズス会士および十七名の日本 人信者で殆んどここで活動した人であった
ここに建設された聖アンナおよび聖ヨセフ病院 は京都最初の西洋式のもので貧しい人が多数収 容された
ここに二十六聖人を顕彰するとともに救貧救病 の社会事業が行われたことを記念して銘板を掲 げる
  一九七九年 駐日スペイン大使館 カトリック教徒司教区


 
妙満寺跡 二十六聖人発祥之地碑
 妙満寺跡 二十六聖人発祥之地 碑

フランシスコの家 フランシスコの家
フランシスコの家
「二十六聖人発祥の地」
フランシスコの家

四条病院前「二十六聖人発祥の地」プレート 四条病院
「二十六聖人発祥の地」プレート
(四条病院前)
四条病院