発祥の地bannar
メソジスト教会発祥の地
 [めそじすときょうかいはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
神奈川県横浜市中区山手町
コメント
「港の見える丘公園」のある高台(山手町)の南。
“横浜駅根岸道路”の“山元町”交差点から 北東に100mほど進むと, 北側に 細い鉄棒を円形に束ねて 十字架のマークをつけた 塔状の記念碑が見つかる。 その根元に 金属プレートが貼り付けられている。
周囲は 静かな住宅街で, 記念碑が あまり目だたない色や形なので, 発見するのに大変苦労した。

日本でキリシタン禁令が解除されたのが 1873(明治6)年。 この年に アメリカのメソジスト派教会から派遣された宣教師 R.S.マクレー博士は, 1875(明治8)年 この地に天安堂を建設し, メソジスト教会の発祥となった。
太平洋戦争後, 横浜にあったメソジスト系の3つの教会が合同して 現在の 横浜上原教会となった。

撮影日
2004年2月 
碑文
(メソジスト教会発祥の地)

アメリカ合衆国メソヂスト教会派遣宣教師 R.S.マクレーは
1875年 この地に会堂を建て天安堂と称し 3月20日初め
て礼拝を行った。これが日本メソヂスト教会の起源である。

日本キリスト教団横浜上原教会の創立100年
記念事業としてこれを建てる。 1997.6.20

THE SITE OF THE FIRST METHODIST CHURCH IN JAPAN
1875


 
メソジスト教会発祥 碑 メソジスト教会 記念塔
メソジスト教会発祥 碑
メソジスト教会 記念塔

移転先 http://840.gnpp.jp/methodist-kyokai/