発祥の地bannar
城根山妙蓮寺発祥之地
 [しろねさんみょうれんじはっしょうのち] 


場所
神奈川県横浜市都筑区川和町
コメント
JR横浜線 中山駅の北東約2km。横浜上麻生道路に面して「妙蓮寺」がある。 寺の東側の山に向っての斜面を利用した墓地があり, その最上部の小さな林の中に 写真の石碑が建っている。

妙蓮寺は 山号を城根山という 都筑区内唯一の日蓮宗の寺。 今からおよそ650年前 (室町時代初期)に 越中阿闍梨朗慶上人(日蓮の孫弟子)が開山したと伝えられる。
その後 1450年頃までとだえていたが, 1530(享禄3)年に再興され, 山の下(現在の地)に移転して 妙蓮寺と称するようになった。

発祥碑は「熊井太郎忠基壘蹟」と刻まれているが, 忠基とは 源平の戦の際 一ノ谷の合戦の折に活躍し 義経に従った武士の一人であるという。

発祥の地コレクションは、新サイト http://840.gnpp.jp に移行作業中です

撮影日
2004年9月 
碑文1
城根山妙蓮寺発祥之地
       熊井太郎忠基壘蹟

此地ハ今カラ六百二十八年 前康永三年光明帝足利尊氏 ノ時代ニ日蓮聖人 孫弟子 越中阿闍梨朗慶上人庵ヲ結 ビ城根山妙蓮寺ノ基ヲ開ク 又源頼朝公ノ幕下ノ熊井太郎 忠基トユウ者居住セシ旧壘 蹟ナリト
    建立発願主
      中山幸三郎
      中山恒三郎
      中山保郎
  昭和四十七年十一月吉日
      梁下俊 謹書

城根山妙蓮寺発祥之地碑
城根山妙蓮寺発祥之地 碑


移転先 http://840.gnpp.jp/shironesanmyorenji/