発祥の地bannar
神道発祥の地
 [しんとうはっしょうのち]


場所
長崎県壱岐市芦辺町国分東触
コメント
九州本島と対馬の間,唐津港からおよそ40km北西に壱岐島がある。
島のほぼ中央,県道172号の南に 月読神社がある。 鳥居の前に神社の由緒を書いた説明板があって,月読神社が“神道の発祥の地”であると書かれている。

日本書紀の記述によると,古墳時代(西暦487年)阿閉臣事代(あへのおみことしろ)という外交官が 朝鮮半島の任那(みなま)に出掛ける途中,壱岐に立ち寄った際に 月読尊が現われ 「自分を京都に祀ればこの国に幸いが来る」と告げた。 そのため 天皇に奏上して京都・嵐山(現在の松尾神社の近く)に社を創建。壱岐の月読神社の神を勧請して 壱岐の県主(あがたぬし)の祖・忍見宿禰(おしみのすくね)に祀らせた。 これが 京都市の月読神社で,壱岐の月読神社はその元宮とされている。
この記述を基に,中央に神道が根付くきっかけが作られたとして,壱岐は「神道発祥の地」を名乗っている。

ちなみに 壱岐の月読神社は延喜式内社の一つである。
平安時代に編纂された「延喜式」には,全国の社格の高い神社が記録されている(式内社)が, その中に 壱岐島は 24,対馬島は 29の神社が記載されている。
九州全体の式内社の数は 98であるので,壱岐と対馬だけで 全体の半分以上を占めている。 当時の壱岐・対馬がいかに栄え 重要視されていたかがわかる。

発祥の地コレクションは、新サイト http://840.gnpp.jp に移行作業中です

撮影日
2009年3月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
   月讀神社
 御祭神  中 月夜見尊  左 月弓尊  右 月読尊
 御鎮座地 壱岐郡那賀国分東触
 境内地  649坪
 御神徳  諸行繁盛 すべての願い事がかなう
 鎮座年数 西暦四八七年月読神社に天月神命を祭り
      高御祖(たかみおや)神社には天月神命の祖高産霊尊(たかみむすびの
      みこと)を祀るとあり
 御鎮座の由来 延喜式に壱岐郡 月読神社「名神大(みょうじんだい)」とあり

 月読尊(つきよみのみこと)の御事については,古事記の上巻に,伊邪那岐命・伊邪那美 命の二柱の御親神が,天照大御神をお生みになられ,次に月読尊をお 生みになられたと表されてあります。
 また,日本書紀には,「すでに大八州国(日本)および山川草木を生む ことが出来た,何ぞ天下(あめのした)の主君(きみたるもの)を生ま ざらむ」と言われて,是に天照大御神をお生みになられ,次に月読尊を お生みになられたと記されてあり。
 また一書には日に並ぶともあります。即ち天照大御神及び月読尊は並 に是,質性明麗(ひととなりてうるは)し。故,天地に照し臨ましむ。
 天照大御神のご神徳は「その光華明彩(ひかりうるわしいこと)六合(あめつち) に照り徹るほどでございます」と太陽にたとえて表されておりますので, 月読尊の御威徳は,それに次ぐものとして,月になぞらえておたたえし たものと拝されます。
 太陽,月,大地,自然と共に神は存在されておられると言う事 (アニミズム)を壱岐の祖先は熟知され月が万物(すべて)に利益を与 えるごとく邪心(よこしまなこころ)が無く玄徳(最も奥深い徳)を極 められていたようです。
 壱岐の県主の先祖「忍見宿祢(おしみのすくね)」が西暦487年 月読神社を分霊して壱岐から京都に祭りに行かれた。
 忍見宿祢により,神道が中央に根ずく事になったとされております。 つまり,壱岐島が神道の発祥の地といわれております。
 京都,洛西,松尾大社の横に月読神社はあり。伊勢神宮の内宮に月読宮, また外宮に月夜見神社があります。壱岐島の月読神社が全国の月読社の 「元宮」とされております。
    平成八年十月       壱岐「島の科学」研究会

 
麦焼酎発祥地碑
 月読神社 由緒
麦焼酎発祥地碑
 月読神社  .

移転先 http://840.gnpp.jp/shinto/