発祥の地bannar
滝野川教会発祥の地
 [たきのがわきょうかいはっしょうのち]


場所
東京都北区中里3丁目
コメント
JR山手線の駒込駅から 北東に500m。
女子聖学院中・高校と 聖学院中・高校の東川の細い道路“聖学院通り”に面した, 聖学院の男子校と女子校の境界附近に 写真の碑が建っている。

聖学院は, アメリカのプロテスタント・キリスト教の一派であるディサイプルス派が派遣した 宣教師によって, 1903(明治36)年に「聖学院神学校」として設立され, 女子聖学院は 1905(明治38)年に設立された学校である。
滝野川教会は 当初 聖学院神学校の“校内の教会”として創設され, 現在地は, 発祥碑のある場所から 北に200mほどの所で, 美しい尖塔を持つ教会が建つ。

発祥の地コレクションは、新サイト http://840.gnpp.jp に移行作業中です

撮影日
2007年5月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
滝野川教会発祥の地

日本基督教団滝野川教会は1904年(明治37年)9月に 聖学院の学院教会としてこの地に誕生した。最初の礼拝は アメリカの基督教会(ディサイプルス)派の宣教師 H・H・ガイ博士によって設立された聖学院神学校の 校舎内において行われた。
    2004年11月15日  日本基督教団滝野川教会

滝野川教会発祥の地碑 滝野川教会発祥の地碑
滝野川教会発祥の地 碑


移転先 http://840.gnpp.jp/takinogawakyokai/