発祥の地bannar
本願寺発祥之地
 [ほんがんじはっしょうのち] 


場所
京都府京都市東山区林下町
コメント
京都・東山の 知恩院山門から 150m程北に, 知恩院塔頭の一つ「崇泰院」がある。 この山門前に やや小型の石碑が建っている。
この石碑は この地が「本願寺発祥の地」であると同時に,「親鸞の廟所」「蓮如誕生の地」 でもあることを示している。
また 崇泰院山門前の路上には「大谷本願寺故地」という石碑も建っている。

浄土真宗の開祖 親鸞上人は, 1262(弘長2)年に没し 1272(文永9)年に 末娘の覚信尼が この地に廟堂を建て, 遺骨を安置して“御影堂”と呼んだ。(親鸞の廟所)
〔廟堂は 江戸時代初頭に 東山五条坂に移転。(大谷本廟)〕

その堂は内紛のため破壊されたが,三世覚如が再建して“専修寺”と号し, 後に“本願寺”(大谷本願寺)と改称した。(本願寺発祥地)
〔本願寺はその後 蓮如の時代に 延暦寺衆徒に襲われ破壊され(寛正の法難), 京都山科・大阪石山などを転々としたが, 1591(天正19)年に 豊臣秀吉から 七条堀川に寺地を寄進されて 現在地(西本願寺)に落ち着いた〕

蓮如は 本願寺8代門主で,前門主存如の長男として この崇泰院近くで誕生した。 (蓮如上人誕生地)

撮影日
2004年6月
碑文
本願寺発祥之地
蓮如上人御誕生之地
親鸞聖人旧御廟所
  元大谷崇泰院

 
本願寺発祥之地碑 崇泰院山門
本願寺発祥之地 碑
崇泰院 山門

大谷本願寺故地碑
 大谷本願寺故地 碑