発祥の地bannar
相原学校開校地長福寺
 [あいはらがっこうかいこうちちょうふくじ]


場所
東京都町田市相原町
コメント
JR横浜線の相原駅から西に1.2km。
現在の町田市立相原小学校の西の小高い岡の上に,曹洞宗の寺・長福寺がある。 石段を登った上に 立派な山門があり,その前に建つ 3mほどの高さの石碑に 「相原学校開校地長福寺」と刻まれている。

1872(明治5)年に学制が発布され,国民のすべてが初等教育を受けることが定められ, ここ相原村では 2年後の 1874(明治7)年に,長福寺に教室を借り「相原学校」を創設した。
8年後の 1882(明治15)年に,長福寺から 東に約800mの中村地区(JR相原駅の近く, 現・八千代銀行相原支店のあたり)に校舎を新築,通称「八丹学校」と呼ばれた。
1889(明治22)年に 相原村は隣村と合併して 堺村となる。
1893(明治26)年「相原尋常小学校」と改称され,1909(明治42)年に 丸山地区(現在の相原小学校の地)に移転。
その後「相原国民学校」の校名を経て,戦後 1947(昭和22)年に「堺村立相原小学校」と改称。 1958(昭和33)年に周辺の町村と合併して 町田市となり,校名も「町田市立相原小学校」となった。

なお,長福寺から500m南西の 相模原市相原6丁目にある正泉寺には「益進学舎開設之地」という碑が建っている。益進学舎は 現在の「相模原市立相原小学校」に引き継がれている。
一方は 東京都町田市,もう一つは 神奈川県相模原市と行政区分はわかれているが, 両市は 境川 という あまり大きくはない川で区切られているだけで,学校設立当時は いずれも「相原村」であった。
わずか数百メートルしか離れていない場所に 同じ名前の小学校があるというのは まぎらわしく,また不思議な感覚にとらわれる。

撮影日
2009年3月
碑文
相原学校開校地長福寺
  自 明治七年 至 明治十五年

  相原小学校百周年
  記念実行委員会建立
    昭和四十九年十一月吉日


 
相原学校開校地碑 長福寺山門
相原学校開校地 碑
長福寺山門