発祥の地bannar
秋田商業発祥の地
[あきたしょうぎょうはっしょうのち]

場所
秋田市楢山南中町
コメント

JR奥羽本線秋田駅から南西に1.8km。
秋田共立病院の近くにある“楢山緑地”の中に「心の故郷 秋商・秋田商業発祥の地」と書かれた,白い台石に載った黒い石碑が建っている。

秋田商業学校は 現在の秋田商業高校の前身で,秋田で最も古い歴史を持つ商業高校。
沿革
1920年大正9年「秋田市商業学校」として開校
1942年昭和17年「秋田市立土崎商業学校」が併合される
1944年昭和19年秋田市立工業学校の設置に伴い一時募集停止
1946年昭和21年募集再開。茨島校舎に移転
1948年昭和23年新学制により「秋田市立商業高等学校」となり,男女共学化
1957年昭和32年八橋校舎に移転
1961年昭和36年「秋田市立秋田商業高等学校」に改称
1978年昭和53年現在地(秋田市新屋勝平台)に校舎新築・移転
2010年平成22年創立90周年

撮影日
2012年5月 (写真提供 K.T.さん)
碑文
心の故郷 秋商
秋田商業発祥の地

秋田商業楢山校舎跡
(大正9年〜昭和21年)
創立70周年を記念して建立する
  平成2年11月
      秋商雄水会
        会長 鈴木節丈

 
秋田商業発祥の地 碑
秋田商業発祥の地 碑

楢山緑地
楢山緑地