bannar
東小学校発祥の地/東中学校発祥の地
 [あずましょうがっこうはっしょうのち/あずまちゅうがっこうはっしょうのち]


場所
群馬県前橋市箱田町
コメント
JR上越線の新前橋駅から南南東に1.5km。
前橋市東公民館(前橋市東市民 サービスセンター)の敷地内に,「東小学校発祥の地」「東中学校発祥の地」と書かれた2本の石碑が建っている。

かつて群馬県には5つの“東村”(あずまむら)があった。
1889(明治22)年に町村制が施行された際に,群馬郡・利根郡・吾妻郡・佐波郡・勢多郡に東村が新設された。非常にまぎらわしいため 一般には“勢多東村”のように郡名と重ねて呼ばれていたという。しかし 1950年代と2000年代の昭和・平成の大合併によって いずれの東村も廃止となっている。
この地は 群馬郡東村の村役場があった場所で,ここに 明治初年に箱田小学校が新設されて 後に東小学校となった。また戦後の学制改革によって東中学校が開設された。

東小学校の沿革
1874年(明治7)「箱田小学校」としてこの地(西群馬郡箱田村)に創立
1889年(明治22)箱田村を含め隣接する10ヶ村がが合併して群馬郡東村が誕生
1890年(明治23)「東尋常小学校」と改称
1899年(明治32)「東尋常高等小学校」と改称
1941年(昭和16)「東村国民学校」と改称
1947年(昭和22)学制改革により「東村立東小学校」と改称
1954年(昭和29)東村が前橋市と合併し「前橋市立東小学校」と改称

東中学校の沿革
1947年(昭和22)新学制実施により「群馬郡東村立東中学校」として発足。東小学校の校舎を借りて2部授業を開始
1954年(昭和29)東村が前橋市に合併されたため「前橋市立東中学校」と改称
1967年(昭和42)現在地(光が丘町3丁目)に新校舎建設・移転

発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

撮影日
2014年3月 (写真提供 H.O.さん)
碑文1
史跡 東小学校発祥の地
  小学校の学区域は 江田・古市・前箱田・後家・箱田・上新田・
  下新田・小相木・稲荷新田・川曲の十か村 その後人口増加により
  昭和四十五年大利根小学校・同五十六年新田小学校が開校

    平成二十年三月吉日 東地区自治会連合会
              あづま歴史散歩の会
碑文2
史跡 東中学校発祥の地
  昭和四十二年七月 光が丘町の現在地に新校舎落成
  同五十八年四月生徒増加により箱田中学校が開校

    平成二十年五月吉日 東地区自治会連合会
              あづま歴史散歩の会
 
東小学校発祥の地・東中学校発祥の地 碑
 東小学校発祥の地
 東中学校発祥の地 碑
東市民サービスセンター
 東市民サービスセンター
現在の東小学校
 現在の東小学校
 (箱田町)
現在の東中学校
 現在の東中学校
 (光が丘町3丁目)



移転先 http://840.gnpp.jp/azumashogakko/,
http://840.gnpp.jp/azumachugakko/