発祥の地bannar
佛教大学建学之地
 [ぶっきょうだいがくけんがくのち] 


場所
京都府京都市東山区林下町
コメント
京都・東山の 知恩院山門の前に, 茶色い大きな自然石に「佛教大学建学之地」と刻まれた 石碑が建っている。

1868(明治元)年,浄土宗の教育機関として 知恩院山内に「勧学場」が開設された。
その後 「浄土宗専門学院」「佛教専門学校」などと名称が変わり, 1933(昭和8)年 千本北大路(現在の佛教大学の地)に移転。
1949(昭和24)年に 新制「佛教大学」となった。

撮影日
2004年6月
碑文
佛教大学建学之地

   由来之記
 佛教大学ノ建学ハ明治元年三月 知恩院第七十三世名誉学天大僧正 ノ勧学ノ達諭ヲ体セル学侶ニ依リ 華麓源光院ニ門筵セル勧学場ヲ以 テ淵源トス 爾来一宗並ニ国家ノ 学制ノ更改ニ応ジ黌名及ヒ所在ノ 変遷ヲ重ヌ 其ノ間専門普通ノ二 部ニ分チ 専門部ハ東山鹿渓ニ移 リ 程無ク宗教大学京都分校ト称 シ 普通部ハ南禅寺畔ニ転ス 現 東山学園是ナリ
 而シテ明治四十五年五月 京都 分校ハ東都ノ本校ヨリ独立シ佛教 専門学校ヲ開学ス 尋テ昭和八年 秋洛北鷹峯ニ遷リ 同二十四年四 月佛教大学ト成ル
 粤ニ建学已来方ニ百十一周年 学是不易ニシテ興学育英ノ基礎盤 石タリ 人文諸科学ノ学者トシテ 学生弐万四千余 同窓校友五万弐 千有余ニ達シ 学風四海ニ潮湧ス  夫レ本学ノ使命ハ善導法然二師 ノ浄教ノ本義ヲ宣揚スルニアリ 正ニ善導大師壱千弐百祥歳ニ当リ 建学ノ故地ヲ尋ネ顕彰セムトス 庶幾ハクハ学統永世ニ赫奕タレ
   維時 昭和五十五年四月
               佛教大学
 
            題字  稲垣真我書
            由来記 伊藤真徹書


 
佛教大学建学之地碑 知恩院三門
佛教大学建学之地 碑
知恩院・三門
(黒い車の背後に"建学之碑"が見える)