発祥の地bannar
千葉県盲聾学校発祥之地
 [ちばけんもうろうがっこうはっしょうのち] 


場所
千葉県千葉市中央区亥鼻2丁目
コメント
JR外房線・本千葉駅の東 500m。猪鼻公園に隣接して 県立文化会館と中央図書館がある。
文化会館の道路をはさんで向い側に「千葉県盲聾学校発祥之地」と刻まれた しっかりした石碑が建っている。
この碑は 1987(昭和53年)に建立された。

わが国の盲聾教育は 1878(明治11)年に設立された 京都の盲唖院に始まり, 制度的には 1890(明治23)年制定された小学校令に 盲唖学校に関する規定が定められたことに始まる。 1923(大正12)年に「盲学校及び聾唖学校令」などが公布され, 各道府県に 盲学校および聾唖学校の設置が 義務づけられた。
1931(昭和6)年 千葉県立聾唖学校が, ここ 千葉城(猪鼻城)の一角に開設され, 次いで 1933(昭和8)年には 千葉県立盲学校が開校された。
これらの学校は, 現在の「千葉県立千葉聾学校」(千葉市緑区鎌取町)と 「千葉県立千葉盲学校」(四街道市大日)に引き継がれている。

撮影日
2006年12月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
千葉県盲聾学校発祥之地

   千葉県立聾学校は昭和六年
  四月 当時師範学校の敷地の
  一部であったこの地に校舎を
  造営して発足した ついで昭
  和八年四月には隣接の地に校
  舎を造営し 千葉県教育会経
  営の盲学校を移管して千葉県
  立盲学校を開設し はじめて
  盲学校及聾唖学校令による県
  立両校の設立を見たのである
  これはまた同じく本県特殊学
  校の発祥であってここに碑を
  建て もって後世に伝えんと
  するものである


 
千葉県盲聾学校発祥之地碑
 千葉県盲聾学校発祥之地 碑