発祥の地bannar
千葉師範学校発祥之地
 [ちばしはんがっこうはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
千葉県流山市流山2丁目
コメント
房総流山電鉄の終点, 流山駅から 西に200m。
日蓮宗常与寺の境内に 黒御影石の大きな石碑が建っている。

1872(明治5)年 学制の発布に際して, 教員の養成が急務となり, 当時の印旛県は ここ流山・常与寺に「印旛官員共立学舎」を開設。 翌年 千葉県の発足に伴い, 千葉市(当時・千葉町)に移転して「千葉学校」となった。
その後 「千葉師範学校」「千葉県尋常師範学校」「千葉県師範学校」と名称を変え, 1943(昭和18)年に 「国立千葉師範学校」となった。
戦後 1949(昭和24)年に 千葉師範学校と千葉青年師範学校を合併し「千葉大学学芸学部」となり, 翌年 「千葉大学教育学部」となって 現在に至っている。

また, 常与寺に開設された学校は, 教員養成機能が移転後も 「流山小学校」としてここに残り, 1889(明治22)年に 流山4丁目に校舎を新築して移転, これが現在の「流山市立流山小学校」に引き継がれている。

撮影日
2007年5月
碑文
千葉師範学校発祥之地

  印旛官員共立学舎跡
明治五年(1872年)八月学制発布の頃, 流山は下総九郡「千葉・印旛・埴生・葛飾・相馬・岡田・豊田・結城・猿島」を行政区域とする印旛県の県庁所在地であった。
 学制が発布された年の九月, 時の印旛県令河瀬秀治は, いままでの教育機関――寺子屋などを, 九月限り廃止することを命じ, 同時に小学校の新設を宣言した。文部省に提出された実地施行書には, 「学制ニ因リ教則ニ随ヒ官員協力仮ニ小学校九月二十三日開業候事,教授人ハ官員中ヨリ当分之ヲ勤メ,費用ハ官員熟議左ノ制ヲ設ケ当分之ヲ償フ。奏任官々給十分ノ一,判任官々給廿分ノ一……」とある。
 県令以下の官員が月給の一部を拠金して, 明治五年九月に開設した学校, それが「流山村常与寺」の「印旛官員共立学舎」である。
 共立学舎は学制により新設される小学校の模範であり, 小学校教員になろうとする人びとに, 教授の内容・方法を実際に習得させる場でもあった。「伝習員」と呼ばれ, 印旛県内各区から選出された人びとは, 試験ののち十一月はじめに入学, 六十日間教授法を学んで各地の小学教員となった。
 まさにここ常与寺に, 学制に基づく教育はうぶ声をあげたのである。この共立学舎は, 鴻ノ台学校と改称流山村光明院に移り, ついで印旛・木更津・新治三県の統合により千葉県が誕生, 県庁が千葉町に移ると, 千葉学校と改称し, 千葉町正妙寺に移転した。更に明治七年千葉師範学校の発足へとつながった。また常与寺はその後も流山小学校として, 地域教育の中心となり, 明治廿二年現在地に移るまで存続した。
 時, 1982年, 学制発布百十年に当り, 流山市の教育関係者有志は, ここに記念碑を建 立し, 学制の原点に立ち教育の振興を願うものである。
    昭和五十七年十一月
              共立学舎記念碑設立実行委員会


 
千葉師範学校発祥之地碑 千葉師範学校発祥之地碑
千葉師範学校発祥之地 碑
常与寺

移転先 http://840.gnpp.jp/chibashihangakko/