発祥の地bannar
中央工学校開校の地
 [ちゅうおうこうがっこうかいこうのち]


場所
東京都千代田区一ツ橋2丁目
コメント
地下鉄新宿線の神保町駅 A1出口から南に200m。
日本教育会館(一ツ橋ホール)前の歩道上に「中央工学校開校の地」と書かれた 背の高い石碑が建つ。

中央工学校は,即戦力ある工業技術者の育成を目的とする私立の専門学校。
1909(明治42)年に この地・一ツ橋に開校。建築・機械・電工の3学科を設置した。
1945(昭和20)年,戦災によってすべての校舎・設備を失い,1962(昭和37)年に 北区王子に校舎を新築移転して現在に至る。
この石碑は,2009(平成21)年に 開校100周年を祈念して建立された。

田中角栄元首相は,1936(昭和11)年に中央工学校の土木科を卒業したことは有名だが,後に 1953(昭和28)年〜1972(昭和47)年の19年間,本校の校長を務めている。

撮影日
2011年6月
碑文
中央工学校 開校の地

 明治42年(1909)本校は,この地に開校しました。現在は,北区王子本町一丁目26番17号に所在し,建学の目的は,開校以来一貫して堅実で社会性豊かな実践力のある技術者の育成としています。           平成二十一年二月建立


 
中央工学校開校の地碑 一ツ橋ホール
中央工学校開校の地 碑
一ツ橋ホール