発祥の地bannar
第一日野小学校発祥の地
 [だいいちひのしょうがっこうはっしょうのち] 


場所
東京都品川区西五反田2丁目
コメント
JR山手線の五反田駅から 北西に400m。山手線と首都高2号線が交差する地点の 南西側に, 天台宗の寺 徳蔵寺がある。寺の門前に 大きな石碑が建っている。

1878(明治11)年 「公立小学校日野学校」が ここ徳蔵寺に開設された。 7年後 生徒数が増えて 手狭になったため, 近くに校舎を新築移転し, 寺小屋式の教育から 近代的な学校教育に移った。 1901(明治35)年 第二日野小ができたため, 「第一日野尋常小学校」と名称を変更。 1963(昭和38)年に 現在地(西五反田6-6)に校舎を新築して 現在に至る。

徳蔵寺は, 伝統的な寺院建築ではなく, モダンなデザインのビル寺院。 周辺をマンションに囲まれており, この方が周囲にマッチしているかもしれない。

撮影日
2006年2月
碑文
第一日野小学校発祥の地
  昭和63年(1988年)11月18日
    品川区立第一日野小学校百拾周年記念事業協賛会

 
第一日野小学校発祥の地碑 徳蔵寺
第一日野小学校発祥の地 碑
徳蔵寺