発祥の地bannar
兵庫県立第二神戸工業学校発祥の地
 [ひょうごけんりつだいにこうべこうぎょうがっこうはっしょうのち]

場所
兵庫県神戸市中央区北長狭通4丁目
コメント
JR神戸線・元町駅の北側。JR線路と道路をはさんで向き合う。
元町駅の出口から線路沿いに 200mほど進むと, 市立神戸生田中学校がある。 南側の擁壁に 黒い石に「兵庫県立第二神戸工業学校発祥の地」と書かれたプレートが貼りつけられている。

1904(明治37)年 「兵庫県立工業学校」(後に「県立第一神戸工業学校」と改称)が開校された。 1941(昭和16)年になって 「県立第二神戸工業学校」が, 1942年に「県立航空工業学校」(後に「機械工業学校」と改称)が, さらにその翌年(1943)に 第一神戸工業学校の夜間部が「県立第三神戸工業学校」として独立・開校された。
戦後 1948(昭和23)年に 学制改革により, 「第一神戸」「第二神戸」「機械」 の3校は合併して 「兵庫工業高等学校」となり, 夜間部であった「第三神戸」は 定時制の「神戸工業高等学校」となった。
両校の現在地は 和田岬駅近くの 兵庫区和田宮通2丁目 である。(「兵庫工業」校は 定時制高校である「神戸工業」 と校舎を時差で共有する, という珍しい形をとっている。)

兵庫県立の工業学校の設立過程は 以上のようにやや複雑で, 資料も少ないため, 詳細はわからないところが多い。 特に「第二神戸工業学校」が設立時に 現在の神戸生田中学校の地に置かれた事情などは全く不明である。
「第二神戸工業学校発祥の地」碑の隣には「第四神戸中学校発祥の地」の碑が並んで設置されており, また 神戸生田中学校の北側には「神戸小学校発祥の地」碑が建てられている。

撮影日
2008年5月
碑文
兵庫県立第二神戸工業学校
  発祥の地

    昭和16年 〜
  県立二工記念碑設立委員会 2005-11


 
兵庫県立第二神戸工業学校発祥の地碑 神戸生田中学校
兵庫県立第二神戸工業学校発祥の地 碑
神戸生田中学校