発祥の地bannar
益進学舎開設之地
 [えきしんがくしゃかいせつのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
神奈川県相模原市相原6丁目
コメント
JR横浜線の相原駅から西に1.4km。町田街道の“相原十字路”交差点から東に200mほど手前の 境川南側に“相原八幡宮”が,その南に“正泉寺”という禅寺がある。
正泉寺の山門前に 二宮金次郎の石像が建っていて,その台座に「相原小学校之源流・益進学舎開設之地」と 書かれている。

学制が発布された翌年(1873=明治6年),ここ正泉寺を借りて「益進学舎」が創設され, 教師は正泉寺の住職・滝原魯牛氏が務めた。
同年 校名を「相原学校」と改め, 1883(明治16)年 近くに校舎を新築して移転。
1989(明治22)年に 隣接の 橋本村・小山村などと合併して 新・相原村となったため, 1902(明治35)年に 各村にあった小学校を合併して「相原村立尋常高等相原小学校」が設立され, 旧相原学校は 「相原小学校第1分教場」となった。
翌年 相原小学校は「尋常高等旭小学校」と改称。 その後 「旭尋常高等小学校」「旭国民学校」の校名を経て, 1947(昭和22)年 「相模原町立旭小学校」となった。
その間 旧相原学校は分教場であったが,生徒数の増加に伴い 1950(昭和25)年に独立して「相模原町立旭第3小学校」に,翌年には「相原小学校」となり, 1954(昭和29)年 相模原の市制施行により「相模原市立相原小学校」と改称して 現在に至っている。

なお,現在の相原小学校から800mほど北に「町田市立相原小学校」がある。 行政区分が異なるとはいえ,これほど近くに 同じ名前の小学校があるというのは 大変まぎらわしい。

撮影日
2009年3月
碑文
相原小学校之源流
   益進学舎開設之地

    碑の由来
明治六年(1873)政府の学制発布をうけるかたちでここ正泉寺に益進 学舎(えきしんがくしゃ)が開設され第十七世の魯十老師が教員をつとめた。 現在の相模原市立相原小学校の源流である。
 明治八年(1875)名称を「相原学校」と変更した。その後新校舎が相原177番地 に完成しその役目を引き継ぐまでの間ここで勉強が行われ 相原における近代教育の基礎を造る役割を担った。

  「益進学舎」開設百二十周年記念
    平成五年(1993)三月吉日 第二十三世 代
        建立者
          龍源山 正泉寺
          旧 相原幼児学級


益進学舎開設之地碑 正泉寺山門
益進学舎開設之地 碑
正泉寺山門

移転先 http://840.gnpp.jp/ekishingakusha/