発祥の地bannar
雙葉学園発祥の地
 [ふたばがくえんはっしょうのち] 


場所
東京都中央区明石町
コメント
地下鉄有楽町線の新富町駅から 佃大橋に向かい, “佃大橋西”交差点を南に曲がるとすぐ, ハート形の断面をした2本の石柱が建っている。これが「雙葉学園発祥の地」碑。

よくみると“ハート形の断面”と見えた形は 少し違う。2枚の葉っぱのようにも見える。
雙葉学園の「雙葉」は,“ふたば葵”という植物の名から採ったということで, この記念碑の珍しい形は“ふたば葵”の葉をかたどったデザインらしい。
ちなみに 徳川将軍家の家紋は“三つ葉葵”だが, 三つ葉葵の原形は ふたば葵だといわれる。
発祥碑を設置した年月は 2004年秋のことと思われるが, はっきりしたことは判らない。

1872(明治5)年 サンモール修道会(”幼きイエス会”の前身)の宣教師がフランスより来日し, 横浜で布教と教育慈善活動を開始。 1875(明治8)年 東京築地のこの地に「築地語学校」を開校した。
1909(明治42)年 初代校長の メール・セント・テレーズが 私財にて四谷駅前に フランス風の優雅な木造2階建ての校舎を建造。「雙葉高等女学校」を創立。
1947(昭和23)年 学制改革により「雙葉高等学校」となる。

なお, この場所は 元「中央区立第二中学校」があった所で, 今年 跡地に“リハポート明石”という大きなビルが建てられた。

撮影日
2005年3月
碑文
雙葉学園発祥の地

  徳に於ては純真に
  義務に於ては 堅実に
    明治四十二年

  SIMPLE DANS MA VERTU
  FORTE DANS MON DEVOIR
      Berceau de Futaba
        1909

雙葉学園発祥の地碑
 雙葉学園発祥の地 碑

リハポート明石
 リハポート明石