発祥の地bannar
箱根学校発祥の地
 [はこねがっこうはっしょうのち] 


場所
神奈川県箱根町箱根
コメント
芦ノ湖南岸の遊覧船船着場の近く。国道1号の“箱根関所南”交差点を東に入ったところに 萬福寺がある。その門前に 発祥碑が建っている。

碑文に書かれているように, 古くから 萬福寺に開設されていた寺子屋が 明治初めの学制によって「箱根学校」となった。
箱根学校は その後 箱根小学校に引き継がれたと思われるが. 資料が見つからないためはっきりしない。

余談だが, 箱根小学校は 2008年4月に, 他の箱根町立小学校2校(温泉小学校, 宮城野小学校)と合併して, 「箱根の森小学校」と改称し 宮城野小学校跡に移転することが決まっている。

撮影日
2007年11月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
箱根学校発祥の地

 この地に, 萬福寺第十一世重職・小笠原 智眼により 文政の年代(1181〜)から寺子屋(私塾)が開かれ 箱根宿の子弟に学問を教えていた。
 明治五年(1872)学制の公布により創立された 箱根学校に引き継がれた。


 
箱根学校発祥の地碑 萬福寺山門
箱根学校発祥の地 碑
萬福寺山門