発祥の地bannar
畑小学校発祥之地
 [はたしょうがっこうはっしょうのち]


場所
千葉県千葉市花見川区畑町
コメント
JR総武線 新検見川駅の北 2km。
日蓮正宗の寺・清涼寺の向い側に小公園があって, その一画に「畑小学校発祥之地」と刻まれた 黒御影石の石碑が建っている。

この場所は かつて 勧持院という寺があり 寺子屋が開かれていたが, 1873(明治6)年 寺子屋を発展させて「花輪小学校」が開校。 1893(明治23)年に「畑尋常小学校」と改称した。
1947(昭和22) 「千葉市立畑小学校」と改称, 1971(昭和46)に 現在地(ここから 400m南東)に校舎を新築し 移転した。

なお この地域の行政区画は, 1889(明治22)年に 旧・畑村が検見川村と合併, 2年後には 検見川町となり, 更に 1937(昭和12)年 検見川町が千葉市に編入され, 花見川区の一部となった。

撮影日
2007年5月
碑文
畑小学校発祥之地

  下総之国千葉郡
  畑村字花輪の
  勧持寺の寺子屋
  法令に依り明治
  六年三月二十日
  花輪小学校と
  して開校された

  畑小創立百三十周年を記念して
    賛同者 一,一一〇名
   平成十六年三月吉日 建立

畑小学校発祥之地碑 清涼寺
畑小学校発祥之地 碑
清涼寺