発祥の地bannar
東豊田小学校発祥の地
 [ひがしとよだしょうがっこうはっしょうのち] 


場所
静岡市駿河区小鹿
コメント
JR東海道線の東静岡駅の南東2km。静岡経綸場の東方。
大谷街道に面して 曹洞宗の寺・龍雲寺がある。寺の山門右の裏側に「東豊田小学校発祥の地」と刻まれた黒い石碑が建っている。

東豊田小学校は,明治5年に学制が発令されて間もなく設置された小学校。
 沿革
1874明治7年龍雲寺の堂宇を借りて「小鹿村庠」を開設 (庠=しょう=“まなびや”の意)
1879明治12年「東豊田尋常小学校」と改称
1890明治23年新校舎を建設,移転
1910明治43年「東豊田尋常小学校」と改称
1928昭和3年豊田村が静岡市に合併したため「静岡東豊田尋常高等小学校」と改称
1941昭和16年「東豊田国民学校」と改称
1947昭和22年新学制により「静岡市立東豊田小学校」と改称
2010平成22年開校100周年

撮影日
2012年5月
碑文
東豊田小学校発祥の地

 明治維新により我が国は,近代国家を目指し,その基盤たる教育を奨励した。明治五年に学制が頒布されるや当小鹿では,明治七年二月八日この龍雲寺の堂宇を借りて学校とし小鹿村庠と名づけた。
 明治十二年に茅葺の屋根を瓦葺に替え,小鹿・池田・聖一色の学童たちの通学する処となった。明治二十三年に至り校名を東豊田尋常小学校と改め,二年後小鹿北原 の地に建てた新校舎に移るまで,大凡十九年間にわたり,ここ龍雲寺は児童の教育の場であった。現在の東豊田小学校の渕源の地である謂れを記して,祖先を偲ぶよすがともするものであある。
   平成元年九月吉日
        撰文者 田宮久美
        寄贈者 田宮安吉

 
東豊田小学校発祥の地 碑
東豊田小学校発祥の地 碑
龍雲寺
龍雲寺