発祥の地bannar
報徳学園発祥の地
 [ほうとくがくえんはっしょうのち]


場所
兵庫県神戸市東灘区御影中町6丁目
コメント
阪神・御影駅と阪急・御影駅の間を南北に結ぶ広い道路が 東海道線のガードくぐる手前のすぐ左(西)側に,イーグルハウスという不動産屋がある。この建物前の歩道上に「報徳学園発祥の地」と書かれたずんぐりした石碑が建っている。

報徳学園は西宮市にある私立の男子校。中・高一貫教育で,野球や陸上競技などスポーツ競技での活躍で有名。
神戸・御影で酒造業を営んでいた大江市松は,日頃から二宮尊徳を敬愛し,その教えである“報徳主義”を実践しており,“以徳報徳”の精神を身につけた青年を育成したいと願い,1911(明治44)年に,3年制の報徳実業学校を創立した。

報徳学園沿革
1911明治44年この地 御影町に「報徳実業学校」設立
1919大正8年二宮尊徳の孫・二宮尊親が校長に就任
1924大正13年「私立報徳商業学校」に改称
1932昭和7年神戸市青谷に移転
1944昭和19年文部大臣の指示により,一時的に工業学校に転換
1947昭和22年戦争中空襲による校舎焼失したため,西宮市(現在地)に移転。普通科となり,報徳中学校併設
1952昭和27年「報徳学園高等学校」「報徳学園中学校」と改称
2011平成23年創立100周年

撮影日
2012年4月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
報徳学園発祥の地

    沿革
創立 明治四十四年(1911年)四月十六日
   此の地 御影町掛田
移転 昭和七年(1932年)四月七日
   神戸市灘区青谷町二丁目
移転 昭和二十二年(1947年)四月一日
   西宮市上大市五丁目
建立 平成三年(1991年)四月十六日
 学校法人 報徳学園
    名誉理事長 大江清一
    理事長   大谷 勇

 
報徳学園発祥の地碑 報徳学園発祥の地碑
     報徳学園発祥の地 碑