発祥の地bannar
法文学部発祥之地
 [ほうぶんがくぶはっしょうのち] 


場所
福岡県福岡市東区箱崎6丁目
コメント
JR鹿児島本線箱崎駅から 北西に400m。九州大学の正門を入って すぐ左(南)に 写真に示す 自然石の記念碑が建つ。

九州帝国大学が開設されたのは 明治44年のこと。この時に附属機関として 九州帝国大学医科大学・工科大学ができた。
学部制が採られたのは 大正8年のことで, 医学部・工学部・農学部ができ,その後 大正13年に法文学部, 大正14年に理学部が開かれた。
法文学部は 戦後昭和24年になって, 文学部・教育学部・法学部・経済学部に分離され, ほぼ現在の組織に近い形になった。

この碑は, 法文学部創設60周年を記念して建てられたものだが, 九州大学の創立とは無関係に 法文学部だけの記念碑になっており, いかにも大学内の統一性のなさを見るようで 部外者としては興味深い。

撮影日
2005年11月
碑文
法文学部 発祥之地

 九州大学法文学部は, 1924年9月25日, 美濃部達吉を創立委員長とし てこの地に創設された。学び舎は本館と 心理学教室とからなり, その白堊の殿堂 からは多くの俊秀が輩出した。その後, 1949年, 学制改革に際して, 文学, 教育, 法学, 経済, の各学部が独立し, 1962年, 貝塚キャンパスに移転する に至った。今日までに巣立った同窓生の 総数は, 2万7千有余名を数える。
 ここに創立60周年を記念するととも に, 「西南学派」といわれた, 自由, 闊 達にして清新な学風が, 絶えることなく 受け継がれてきたことに思いを新たにす るものである。
  1986年10月
      九州大学 法学部 経済学部
      創立60周年記念事業後援会

法文学部発祥之地碑 九州大学正門
法文学部発祥之地 碑
九州大学正門