発祥の地bannar
朴沢学園発祥之地
 [ほうざわがくえんはっしょうのち]


場所
宮城県仙台市青葉区一番町2丁目
コメント
JR仙台駅の西 1km。 「仙台エクセルホテル東急」の西側の空間に「朴沢学園発祥之地」と刻まれた 赤茶色のやや小型の石碑が建っている。

朴沢学園は 1879(明治12)年に「松操私塾」(女子に対する裁縫塾)として, 朴澤三代治氏によって この地に創設された。
その後「朴沢松操学校」「朴沢松操女学校」「朴沢女子実業学絞」「朴沢女子高等学絞」と 校名を変更し, 現在は 男女共学の「明成高等学校」となっている。
1967(昭和42)年に学校法人「朴沢学園」となり, 仙台大学(体育系大学)を創設。
1974(昭和49)年に この地から移転し, 現在は 青葉区川平 に本部と明成高校がある。

撮影日
2006年10月
碑文
朴沢学園発祥之地

    学園の歴史
明治12年(1879年) 松操私塾をこの地に開設
大正10年(1926年) 朴沢松操学校と改称, 師範科を増設
昭和 6年(1931年) 朴沢松操女学校と改称
         高等師範科を増設
昭和19年(1944年) 朴沢女子実業学絞と改称
昭和23年(1948年) 学制改革にともない
         朴沢女子高等学絞と改称
昭和42年(1967年) 仙台大学の柴田郡柴田町松岡に開学
昭和49年(1974年) 朴沢女子高等学校 この地を去り
         仙台市川平の地に移転
昭和54年(1979年) 朴沢学園創立百周年
昭和63年(1988年) 朴沢学園長故朴澤綾子先生一周忌に
         あたりこの地に記念碑を建立
  昭和63年4月6日
      朴沢女子高等学校松操会

朴沢学園発祥之地碑 仙台エクセルホテル東急
朴沢学園発祥之地 碑
仙台エクセルホテル東急