発祥の地bannar
碑小学校創立之地
 [いしぶみしょうがっこうそうりつのち]


場所
東京都目黒区碑文谷3丁目
コメント
東急・東横線の都立大学駅から 西に800m。
“すずめのお宿緑地公園”の東隣に 碑文谷八幡宮がある。 神社境内の参道東寄りに 低い柵に囲まれた石碑が建っている。

碑小学校は,1879(明治12)年に ここ八幡神社の境内にある建物を校舎として 「東京府第二中学区三十七番公立学校」として開校した。
“碑”という校名は 碑文谷村(当時)の頭文字をとって命名された。
碑文谷村における就学率は 開校翌年で 37%と あまり高くなかったという。(学齢者数 334名,就学数 86名)

その後「碑尋常小学校」と改称。 1892(明治25)年 現在地(碑文谷1丁目)に校舎を新築し移転。
周辺の宅地化が進んだため児童数は増加の一途をたどり,1929(昭和4)年の 開校50周年の時には 40学級・2500名の規模となり,さらに増加したため いくつもの小学校が新設されて分離していった。
その後は「東京市碑国民学校」を経て,1947(昭和22)年に 現在の「目黒区立碑小学校」となった。

撮影日
2008年10月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
碑小学校創立之地
  明治十二年一月二十日 此の地に創立さる
    碑小学校創立八十五周年記念事業後援会
      昭和卅九年一月廿日 建之

碑小学校創立之地碑 碑文谷八幡神社
碑小学校創立之地 碑
碑文谷八幡神社