発祥の地bannar
岩瀬小学校発祥之地
 [いわせしょうがっこうはっしょうのち]


場所
茨城県桜川市犬田
コメント
JR水戸線の岩瀬駅から 南におよそ1km。
北関東自動車道の200m北に 真言宗の寺・法蔵院がある。その山門前に「岩瀬小学校発祥之地」と書かれた碑が建っている。

岩瀬小学校は,茨城県桜川市に11校ある小学校の一つ。

  • 1875(明治8)年,太田法蔵院に「犬田小学校」として創立。
  • 1892(明治25)年,岩瀬に校舎を新築して「西那珂第二尋常小学校」と改称。
  • 1924(大正14)年,「岩瀬尋常小学校」と改称
  • 1939(昭和14)年 現在地(桜川市鍬田=法蔵院から北東に1.5km) に校舎を新築移転。
  • 1941(昭和16)年 「岩瀬第二国民学校」と改称
  • 1947(昭和22)年 「岩瀬第二小学校」と改称
  • 1955(昭和30)年 町村合併により「岩瀬町立岩瀬小学校」と改称
  • 2005(平成17)年 岩瀬町・真壁町・大和村が合併して桜川市となり,「桜川市立岩瀬小学校」と改称。

撮影日
2010年1月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
岩瀬小学校発祥之地

  岩瀬小学校創立百周年記念協賛会
    昭和五十年十一月二十二日建之


 
岩瀬小学校発祥之地碑 宝蔵院山門
岩瀬小学校発祥之地 碑
宝蔵院山門