発祥の地bannar
開成学園発祥の地
 [かいせいがくえんはっしょうのち] 


場所
東京都千代田区神田淡路町2丁目
コメント
JR御茶ノ水駅の南東200メートルの地点に“淡路公園”がある。 公園の北隅の植込みの中に 写真の石碑が建っている。

幕末の進歩的な知識人であった佐野鼎は, 1860(万延元)年に 勝海舟・福沢諭吉らと共に 遣米使節の一員として渡米。さらに翌年には 遣欧使節の一員として渡欧して教育事情を視察。 日本にも欧米なみの学校が必要であると強く感じ, 帰国後 1871(明治4)年に 「共立学校」を創立した。
佐野鼎が早逝したため, 初代校長には 高橋是清が就任。 1895(明治28)年には, 校名を「共立学校」から「東京開成中学校」に変更。
ちなみに, 開成学園は 東京の名門私立学校(中高一貫校)で, これまで 20年以上連続して東大の 合格者数日本一を記録している。

撮影日
2005年3月
碑文
開成学園発祥の地

  略年譜
    明治4年 佐野鼎共立学校を創立
    明治11年 高橋是清初代校長に就任
    明治28年 東京府開成尋常中学校
    明治34年 私立東京開成中学校
    大正12年 関東大震災により 淡路町校舎焼失
    大正13年 日暮里校舎を造営移転

      昭和26年
        学校法人開成学園

  1978年 昭和53年5月
  建設 開成学園

  設計施工 鹿島建設株式会社

開成学園発祥の地碑
 開成学園発祥の地 碑