発祥の地bannar
上川淵小学校発祥の地
 [かみかわぶちしょうがっこうはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
群馬県前橋市上佐鳥町
コメント
JR両毛線・前橋大島駅から南西に 2.3km。
現在の上川淵小学校から 150m北に 天台宗西光寺がある。
寺の山門の内側に「上川淵小学校発祥の地」と刻まれた やや古びた石碑が建っている。

1874(明治7)年,当時の熊谷県上佐鳥村・下佐鳥村・朝倉村・宮地村 の4村が合同で, ここ西光寺本堂を仮校舎として「春日学校」を開校した。児童数は 40名であった。 これが上川淵小学校の起源である。
その後「上川淵尋常小学校」と改称し,1903(明治36)年に 現在地(前橋市朝倉町)に校舎を新築して移転。
さらに「上川淵国民学校」の名称を経て,1947(昭和22)年に「上川淵小学校」となった。 1954(昭和29)年には 旧・上川淵村・下川淵村などが 前橋市に編入され, 校名も「前橋市立上川淵小学校」となって現在に至っている。

撮影日
2008年10月
碑文
上川淵小学校発祥の地

明治七年一月 西光寺本堂にて開校
第一大学区第十七番中学区第卅一番小学
群馬県管内上野国東群馬郡佐鳥邨
春日学校と称す
  昭和五十七年秋吉日
        寄贈 村田靏司 建立


 
上川淵小学校発祥の地碑 西光寺 本堂
上川淵小学校発祥の地 碑
西光寺 本堂

移転先 http://840.gnpp.jp/kamikawafuchishogakko/