発祥の地bannar
関西法律学校発祥の地
 [かんさいほうりつがっこうはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
大阪府大阪市西区京町堀2丁目
コメント
地下鉄中央線と四つ橋線が交差する 本町駅の北西600m。 靱公園のすぐ北 “京橋堀1丁目西”交差点付近から 少し西に入った, 小さい駐車場ビルの脇に この碑が建っている。

関西法律学校は 関西大学の前身。 1886(明治19)に この地の願宗寺を仮校舎として開校された。
1905(明治38)年に 専門学校令により「私立関西大学」と改称。
1922(大正11)年に 大学令により「関西大学」へと昇格し 現在に至る。
現在は 大阪府吹田市に本部がある。

撮影日
2006年5月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
関西法律学校発祥の地

明治19年11月4日井上操と当時の司法官たちに よって この地の もと願宗寺内に創立された 関西法 律学校は 現在の関西大学の前身である

(副碑)

  関西法律学校発祥の地

 関西法律学校は明治19年 当時控訴院長であった小島惟謙 (のち大審院院長)らの賛成を得て, 明治義塾旧監事吉田一士・法律 学士鶴見守義・同小倉久らに より この地のもと願宗寺内に 創立された。
 現在の関西大学の前身である。

    西区制百周年記念

関西法律学校発祥の地碑
 関西法律学校発祥の地 碑


移転先 http://840.gnpp.jp/kansaihoritsugakko/