発祥の地bannar
関西学院創立の地
 [かんせいがくいんそうりつのち]

場所1
兵庫県西宮市上ヶ原一番町
場所2
兵庫県神戸市灘区王子町3丁目
コメント
「関西学院創立の地」碑は 二ヶ所に建てられている。
一つは 阪急電鉄今津線の甲東園駅から 西に1kmの 関西学院大学・上ヶ原キャンパス。 正門からおよそ100m北側にある“関西学院会館”のゲート前にある。
もう一つは,阪急電鉄神戸線の王子公園駅から西に400mにある“神戸文学館”の瀟洒なレンガ造りの 建物の前に建っている。

二つの碑は, L字型に曲がった壁状の石碑で, どちらもほとんど同じ形をしており, 碑の形や碑文の内容は同じである。 わずかに 碑文の日付が異なっており, 上ヶ原キャンバスにあるものは「平成11年10月1日」, 神戸文学館にあるものは「昭和31年10月27日」と書かれている。
碑の中央に ヒツジの頭部をかたどった石像が置かれ, 碑面には次のように書かれている。

  敬神愛人
  MASTERY FOR SERVICE

  これは 旧礼拝堂正面階段に使われた飾り石である

関西学院は, 1889(明治22)年に 米国メソジスト教会から派遣された宣教師 W. R. ランバスが 神戸市郊外の 原田村(現在の神戸文学館の場所)に 旧制中学「West Japan College = 関西学院」を設立したことに始まる。
第4代の学院長であったカナダ人宣教師 C. J. L. ベーツは, “Mastery for Service”をスクールモットーとし, 関学での在職期間は30年以上にも及び, この間に 1929(昭和4)年に 西宮の上ヶ原にキャンパスを移転し, 1932(昭和7)年 関西学院大学を設立するなど, 関西学院の基礎を作った。
戦後 1948(昭和23)年に新学制により 現在の関西学院の組織となった。

「関西学院創立の地」碑が二ヶ所にあるのは 次のような事情がある。
最初の「創立の碑」は, 1957(昭和32)年 学院創立70周年記念として 学院の同窓会が原田の旧礼拝堂 (ブランチ・メモリアル・チャペル = 現在の神戸文学館)前に建立された。
その後 空襲によって破壊されていたチャペルの復元工事が神戸市によって行われ, その際に 碑は解体され 学院に保管されていた。
1993(平成5)年 チャペルの修復工事が完成して“王子市民ギャラリー”(2006年より“神戸文学館”)となった際に, 碑のデザインなどはもとのまま踏襲して現地に復元された。日付は 原碑のまま「昭和32年」とされた。
一方, 1999(平成11)年に 学院の創立111周年記念事業として 関西学院会館が建設されたのを機会に, 会館の正面ゲート前に 同じ記念碑が造られ設置されたが, 日付は「平成11年」となった。

撮影日
2008年5月
碑文
関西学院創立の地

明治二十二年九月二十八日米国 南メソヂスト教会宣教師W・R ・ランバス博士神の啓示により 神戸原田の森を卜し関西学院を 創立した吉岡美国博士創業を掲 げニュートン博士ベーツ博士相 傳えて学院今日の基礎を定めた
昭和四年西宮市に移る
       昭和三十一年十月二十七日 (※)
          同窓会この碑を建つ

(※注:上ヶ原キャンバスの碑には「平成十一年十月一日」となっている)

関西学院創立の地地碑 関西学院会館
関西学院創立の地 碑
神戸文学館
神戸文学館
関西学院会館