発祥の地bannar
烏山小学校誕生の地
[からすやましょうがっこうたんじょうのち]

場所
東京都世田谷区南烏山2丁目
コメント
京王電鉄京王線の千歳烏山駅から 東に500m。
烏山神社の北側に“念仏堂”と呼ばれる小さな寺院がある。
普通の住宅と間違えそうな入口を入ると,本堂の前に「烏山小学校誕生の地」と刻まれた 黒い石碑が建っている。

烏山小学校は,1873(明治6)年に ここ念仏堂を校舎に利用して「温知学舎」として誕生した。 (ちなみに この時の行政区画は “神奈川県”多摩郡烏山村であったが,1893(明治26)年に東京府に移管された。)
その後 校名は「烏山学校」となり, 1936(昭和11)年に 千歳村が東京市世田谷区に併合されて「烏山尋常高等学校」と改称。 さらに「烏山国民学校」の校名を経て,1947(昭和22)年に 現在の「世田谷区立烏山小学校」となった。
校舎は何度か移転したが,1964(昭和39)年に この地より1.4km南東の現在地(世田谷区給田1丁目)に移転した。

なおこの念仏堂は,室町時代に 世田谷領主であった吉良頼高が菩提寺として創建した“泉沢寺”の境内に念仏道場として 建てられた堂と言われる。泉沢寺は 16世紀に火災で焼失し,川崎市中原区の現在地に再建され, 現在は念仏堂のみが残されている。
ここには 東京には珍しいとされる 石の涅槃像(横たわった釈迦像)がある。
なお,念仏堂は 2008年暮に解体され,再建築中である。

撮影日
2008年11月
碑文
(2009/5追加)
烏山小学校誕生の地

世田谷区立烏山小学校は 明治六年七月一日に 温知学舎という名称で この念仏堂を校舎として 正式に開校しました


 
烏山小学校誕生の地碑 念仏堂涅槃像
烏山小学校誕生の地 碑
念仏堂涅槃像