発祥の地bannar
新潟県立柏崎高等学校開校の地
 [にいがたけんりつかしわざきこうとうがっこうかいこうのち]


場所
新潟県柏崎市東本町1丁目
コメント
JR信越本線の柏崎駅から北に500m。県道37号線の“西本町”交差点の北東側の一角に,曹洞宗の寺・福厳院がある。
寺前の駐車場の一隅に 多数の石碑類が横倒しにされて保管されていて,その中に「曹洞宗・福厳院」という石碑に並んで「新潟県立柏崎高等学校開校の地」の碑が置かれていた。

柏崎高校は 「新潟県立高田中学校・柏崎分校」として,1900(明治33)年に ここ福厳院を仮校舎として開校,翌年までに 柏崎町砂浜に校舎を新築して移転。
1902(明治35)年 高田中学校より独立して「新潟県立柏崎中学校」と改称。
1948(昭和23)年 戦後の学制改革により「新潟県立柏崎高等学校」と改称。現在に至っている。

福厳院は,2007年の中越沖地震で大きな損傷を受け 全壊状態となったが,2010年に再建された。
この地を訪問した時点で 震災復興の工事中で,本堂はほぼ完成した様子であったが,周囲の外構は壊れたままで,門柱や石標などは復旧工事前。「開校の地」碑も横倒しのままだった。

撮影日
2010年11月
碑文
新潟県立柏崎高等学校開校の地

  明治三十二年(1900年)四月二十一日
  旧制新潟県立高田中学校柏崎分校として開校


 
柏崎高等学校開校の地 碑 地震により倒壊 福厳院 本堂 震災復旧工事中
柏崎高等学校開校の地 碑
震災復興工事準備中で
横倒しに置かれている
福厳院 本堂
震災復旧工事完成