発祥の地bannar
河原子小学校発祥之地
 [かわらごしょうがっこうはっしょうのち]


場所
茨城県日立市河原子町2丁目
コメント
JR常磐線の常陸多賀駅から 国道245号を挟んで南東に1.3kmに東福寺がある。 山門を入ってすぐ右側の生垣の蔭に,生垣の高さよりも背の低い石碑が建っている。

1867(明治5)年に学制が発布された翌年,ここ東福寺の建物を借りて「河海舎」が開設された。
その後,1869(明治7)年に「河原子小学校」。さらに「河原子尋常小学校」「河原子尋常高等学校」と改称。 1909(明治42)年に 現在地(河原子町4丁目)に移転した。
1939(昭和14)年に 河原子町が周辺の二村と合併して多賀町となったのに伴い「多賀町立第二尋常高等小学校」, 1941(昭和16)年に「多賀町第二国民学校」と改称。
1946(昭和21)年に「多賀町立河原子小学校」の校名を経て, 1955(昭和30)年に 多賀町が日立市に編入され「日立市立河原子小学校」となり,現在に至る。

撮影日
2009年1月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
河原子小学校発祥之地


 
河原子小学校発祥之地碑
河原子小学校発祥之地 碑