発祥の地bannar
金竜小学校発祥の地
 [きんりゅうしょうがっこうはっしょうのち]


場所
東京都台東区西浅草3丁目
コメント
地下鉄日比谷線の 入谷駅から 南東に300m。かっぱ橋道具街の北端に 台東区生涯学習センターの新しいビルがある。センターの前に 写真に示す金属板の 発祥碑が建つ。
碑には 明治45年竣工当時の木造校舎の写真と, 昭和3年に竣工した鉄筋コンクリート校舎の 写真が添えられている。

明治時代 この地は“浅草区新谷町”と呼ばれ 市電の営業所があった。 その跡地に木造の校舎が建てられ, 1912(大正元)年に「金龍尋常小学校」が開校した。 金龍山浅草寺が近いので金龍小学校の名前がつけられたと言われる。
関東大震災により この校舎も全焼したため, この後6年間 仮校舎で不自由な授業を 強いられたが, 1928(昭和3)年 鉄筋コンクリート3階建ての校舎が完成した。
太平洋戦争の空襲により 浅草一帯は焼け野原になったが, 本校は焼失をまぬがれ, 1947(昭和22)年 新制度のもと「台東区立金竜小学校」と改められた。
1986(昭和61)年 100m北の現在地(台東区千束1丁目)に 新校舎を建設して移転。 2001(平成13)年 跡地に「台東区生涯学習センター」が建設された。

撮影日
2006年5月
碑文
金竜小学校発祥の地

  明治45年7月29日   校舎竣工
  大正元年9月2日   開校
  大正12年9月1日   関東大震災により校舎焼失
  昭和3年9月20日   鉄筋コンクリート校舎竣工
  昭和61年9月1日   新校舎へ移転
  平成10年9月28日   生涯学習センター建築のため旧校舎解体
                平成16年3月設置
                台東区教育委員会

金竜小学校発祥の地碑 台東区生涯学習センター
金竜小学校発祥の地 碑
台東区生涯学習センター