発祥の地bannar
北白川小学校開校の地
 [きたしらかわしょうがっこうかいこうのち] 


場所
京都府京都市左京区北白川仕伏町
コメント
銀閣寺の北 直線距離で 600メートル。
白川通りの“北白川別当”交差点から東に 500メートル入ると, 乗願院 という寺があり, その山門前に 石碑が建つ。

1874(明治7)年 乗願院南側にあった毘沙門堂を借り,「愛宕郡第三組第十公立白川小学校」 として開校した。同年のうちに この近くの白川村仕伏に校舎を新築して移転。
1886(明治19)年 学校令が改正され「白川尋常小学校」と改称。
1904(明治37)年, 北白川小学校の現在地(左京区北白川別当町)に移転。
1918(大正7)年 白川村は京都市に編入され,「上京区第29学区北白川尋常高等小学校」と改称。
1941(昭和16)年 「北白川国民学校」
1947(昭和22)年 「京都市立北白川小学校」となり, 現在に至る。

撮影日
2004年6月
碑文1
北白川小学校開校の地

明治7年2月10日  この地より
東南約20米毘沙門堂に於て京都
府愛宕郡白川村立白川小学校開校
開校時の生徒数約30名にて明治
10年10月字仕伏へ新築移転

     校訂  吉村栄介
     石匠  田伏茂雄
         沢田虎三郎  書
     昭和51年10月吉日
           北白川小学校創立
           百周年記念委員会  建立

北白川小学校開校の地碑 乗願院
北白川小学校開校の地 碑
乗願院 山門