発祥の地bannar
神戸学院発祥の地
 [こうべがくいんはっしょうのち]


場所
兵庫県神戸市兵庫区五宮町
コメント
神戸市営地下鉄大倉山駅から北に1km。
神戸五宮郵便局の西から 祥福寺参道を北に向かうと,右側にマンション“ワコーレ五宮麓彩館”があり,その玄関脇に「学校法人神戸学院発祥の地」の石碑が建っている。

神戸学院は,大正期に裁縫学校として発足し,家政科を中心とする女学校であったが,戦後 男女共学の単科大学(栄養学部)「神戸学院大学」として再発足した。現在は 法学部・経済学部・経営学部・人文学部・総合リハビリテーション学部・栄養学部・薬学部 の7学部と大学院を擁する総合大学となっている。
キャンパスは 有瀬(西区)・ポートアイランド(中央区)・長田区 の3ヵ所に分かれ,学生数は約1万名。

神戸学院 沿革
1912大正元年創設者 森わさが「私立森裁縫女学校」を創立
1918大正7年「私立森女学院」へ改称
1923大正12年「私立森高等女学校」を併設
1924大正13年私立森高等女学校を「神戸市森高等女学校」と改称
1937昭和12年「神戸市森女子商業家政学校」と改称
1945昭和20年財団法人神戸市森高等女学校設立
1949昭和24年法人名を神戸森学園に改称、学校法人へ組織変更
1952昭和27年神戸森女子短期大学開学
1966昭和41年「神戸学院大学」開学
1974昭和49年大学院開設
2001平成13年法人名称を「神戸学院」へ変更
2002平成14年創立90周年

撮影日
2012年4月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
学校法人神戸学院発祥の地

 
神戸学院発祥の地 碑
 神戸学院発祥の地 碑

ワコーレ五宮麓彩館
 ワコーレ五宮麓彩館