発祥の地bannar
京都工芸繊維大学繊維学部発祥之地
 [きょうとこうげいだいがくせんいがくぶはっしょうのち] 


場所
京都府京都市北区大将軍坂田町
コメント
京福電鉄・等持院駅の200m南。公団花園団地の北端に 樹木の茂った公園があり, その東の隅に 石碑が建っている。

1899(明治32)年, この地に「京都蚕業講習所」が開設され,
これが 1914(大正3)年に 文部省直轄の「京都高等蚕業学校」と改称,
1931(昭和6)年には「京都高等蚕糸学校」,
更に 1944(昭和19)年「京都繊維専門学校」として 繊維全般の研究・教育機関となった。
1949(昭和24)年, 学制改革により 京都工業専門学校と統合して大学に昇格し,
「京都工芸繊維大学繊維学部」となった。
1968年に 左京区松ヶ崎に移転し 現在に至る。

撮影日
2004年6月
碑文
京都工芸繊維大学 繊維学部発祥之地

    黄塵跡を   とゞめざる
    こゝ洛西の  清き野に
    精舎の如く  おごそかに
    聳えて立てる 学び舎や

わが国蚕糸業の重要性にかんがみ 
政府は蚕糸に関する教育と研究を行わせるため
明治三十二年六月葛野郡衣笠村のこの地に
農商務省所管の京都蚕業講習所を創設した
その後斯業の輸出産業としての飛躍的な発展に即応して 
大正三年文部省直轄の学校となり 
校名を京都高等蚕業学校と改め
次いで昭和六年京都高等蚕糸学校となった
更に内外の進運の要請に応えて
繊維に関する学科を充実増設し 
同十九年京都繊維専門学校と改称 
名実ともに繊維全般の学術研究
及び教育機関としての威容を具現した
昭和二十四年学制改革により
京都工業専門学校と統合して大学に昇格し 
京都工芸繊維大学繊維学部となった 
同四十三年八月に校舎の整備拡充のため 
由緒深いこの衣笠の地から現在の洛北松ヶ崎に移転した
創立以来実に七十有余年を経 
その間八千余名の優れた人材を広く社会に送り出した
歴史を功績に輝く母校誕生の地を 
永く後世に伝えるため
ここに往時の学び舎の面影をしのびつつ 
碑文を刻んで記念とする
  昭和五十三年三月建立
       京都工芸繊維大学
             衣笠同窓会

京都工芸繊維大学 繊維学部発祥之地碑 花園団地
京都工芸繊維大学 繊維学部発祥之地 碑
花園団地