発祥の地bannar
国府小学校発祥の地
 [こくふしょうがっこうはっしょうのち]


場所
新潟県上越市五智3丁目
コメント
JR信越本線の直江津駅から西に1.5km。
県道468号線(大潟上越線)の“国分寺入口”交差点の南東側に,五智国分寺がある。 国分寺の裏手,五智保育園との間に“竹之内草庵”という建物があり,その前に「国府小学校発祥の地」と刻まれた卵形の石碑が建っている。

国府小学校は 1874(明治7)年にここ五智国分寺の境内に開校。1941(昭和16)年に 現在地(上越市五智4丁目)に校舎を新築して移転。2004(平成16)年に 創立130年となった。

浄土真宗の祖・親鸞は いわゆる“承元の法難”によって 越後国国府(現・上越市)に流され,ここ国分寺に“竹之内草庵”を結び,1年を過ごした。
竹之内草庵は 上越市の文化財に指定されている。

撮影日
2010年11月
碑文
国府小学校発祥の地

  創立百三十周年記念
    国府小学校は明治七年五月十六日
    竹の内草庵にて開校
    平成十六年十一月六日 国府小学校
    同窓会この碑を建立


 
国府小学校発祥の地碑 竹之内草庵
国府小学校発祥の地 碑
竹之内草庵