発祥の地bannar
甲東小学校発祥の地
 [こうとうしょうがっこうはっしょうのち]


場所
兵庫県西宮市門戸西町
コメント
阪神電鉄今津線の門戸厄神駅から 北西に700m。
聖和大学の東隣に“門戸厄神”として知られる“松泰山 東光寺”がある。
東光寺の表門を入ってすぐ左, 中楼門の向い側に, 高さ1m足らずの石碑が建っている。

甲東小学校は, 1873(明治6)年に ここ門戸村東光寺に仮校舎を設けて「門戸小学校」として開校した。
1876(明治9)年 この地から150mほど東に 新校舎を建設して移転(下記参照)。 各学年1つずつの教室があったが 敷地が狭く運動会も開けなかったという。
1889(明治22)年, 門戸村は 近隣の7つの村と合併して甲東村が誕生し, 「甲東尋常小学校」と改称。
1926(大正15)年, 現在地(西宮市神呪町=この地より北東400m)に移転。児童数は 360名。 付近に住宅地が開発されて人口が急増し, 昭和16年には 児童数も1000人近くになった。
1941(昭和16)年, 甲東村は西宮市と合併し,「西宮市立甲東国民学校」に改称。
1947(昭和22)年, 新学制により「西宮市立甲東小学校」に改称し, 現在に至る。現在の児童数は約1050名。

東光寺は, 嵯峨天皇の勅願によって創建されたと言われ, “厄除け祈願寺”として有名で, 「東光寺」というより「門戸厄神(もんどやくじん)」という名前の方が通りが良いらしい。
なお, 1876年に校舎を新築移転した場所は現在マンションになっており, 次のような説明板が建っている。

    甲東小学校跡
 明治六年(1873)四月, 門戸村東光寺 の仮校舎から出発した甲東小学校は, 明治九 年(1876)に, ここ垣之内の新築校舎に 移った。明治十七年(1884)改正教育令 の時代には中等科が設置され, 大社, 広田, 瓦木, 武庫, 良元の初等科卒業生を収容して 地方教育の一中心地であった。
 前の小川には川魚が泳いでいた。
          甲東文化財保存会
撮影日
2008年5月
碑文
西宮市立
  甲東小学校発祥の地 (東光寺寺子屋跡)

甲東小学校発祥の地碑 門戸厄神 中楼門
甲東小学校発祥の地 碑
門戸厄神 中楼門