発祥の地bannar
明徳尋常小学校開校旧跡之碑
 [めいとくじんじょうしょうがっこうかいこうきゅうせきのひ] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
千葉県市川市湊
コメント
東京メトロ・東西線の行徳駅から北西 300mに, 浄土宗の寺・法伝寺がある。
境内に入って右手の植込みの中に 茶色の石碑が建っている。

1873(明治6)年, ここ法伝寺(当時・湊村新田)に「湊小学校」が開設された。
1889(明治22)年, 「明徳尋常小学校」と改称。 (この年 湊村は隣接する欠真間村と合併して 南行徳村となった。)
1920(大正9)年 陽徳小学校と合併して「南行徳小学校」となり,
1956(昭和31)年 市川市との合併により 「市川市立南行徳小学校」となる。
現在の南行徳小学校は, 法伝寺より 1km南西(市川市欠真間1丁目)にある。

行徳地区は 江戸時代までは塩田が広がり 有数の塩の産地であった。 また 水運による交通の要衝として 大いに繁栄した。 俗に「行徳千軒 寺百軒」といわれるほどに 寺の数が多いのも特徴で, それが現在も続いている。
しかし 明治中期に鉄道敷設が計画された際に 行徳地区を経由することに反対運動が起り, その結果 総武線は内陸側を通ることになり, 行徳は近代的交通路から取り残され「陸の孤島」となった。 さらに 大正6年の津波によって 塩田が壊滅的な被害を受けて消滅したため, 行徳の町はさびれてしまった。
1969(昭和44)年に 地下鉄東西線が開通, 1988年(昭和63年)JR京葉線が開通したことによって 「陸の孤島」が解消され, 住宅地・工業地帯として大きく変貌した。

撮影日
2007年6月
碑文
明徳尋常小学校開校旧跡之碑
    明徳友の会

(裏面)   昭和五十年五月
    発起人  (氏名省略)
明徳尋常小学校開校旧跡之碑 法伝寺
明徳尋常小学校開校旧跡之碑
法伝寺


移転先 http://840.gnpp.jp/meitokujinjoshogakko/