発祥の地bannar
三方原小学校発祥の地
 [みかたはらしょうがっこうはっしょうのち] 


場所
静岡県浜松市三方原町
コメント
遠州鉄道の遠州西ヶ崎駅から 西へ約5km。現在の三方原小学校の南西 約400mの場所に “三方原神社”があり, この境内に 写真の石碑が建っている。

三方原小学校は, 1873(明治6)年に 設立され, 「三方原尋常小学校」となった。
1941(昭和16)年に「三方原国民学校」と改称, 戦後 1947(昭和22)年に「三方原村小学校」となった。
1954(昭和29)年に 三方原村と浜松市とが合併したことにより, 「浜松市立三方原小学校」となった。

なお, 三方原神社は, 元 浜松城内に祀られていた「東照宮」を, 1922(大正11)年に 三方原村に 移したもので, 祭神は 徳川家康・秀忠・家光。
三方原村と浜松市が合併し, 1956(昭和31)年に「三方原神社」と名前を改め 現在に至っている。

撮影日
2005年5月 (写真提供 K.Y.さん)
碑文
三方原小学校発祥の地

 明治五年, 浜松県は急いで小学校を 設置するよう管内へ通達を出し, 学務 課長大江孝文は強硬にこれを推進した 。このため明治六年には, 寺院や神社 を仮教室として各所で小学校が開校し た。当時, 三方原にはこうした建物が なく, この地に五百坪(1,650u)の敷地 をとって新校舎を建てて, 明治六年七 月二日, 小学三方原学校が開校となっ た。明治八年から同十年ごろの生徒数 は百三十名ぐらい, 教員数は三名であ った。
 この校舎で教育を行うこと十八年 明治二十四年二月四日,この学校は火 災のため全焼し,校舎,校具をはじめ 帳簿,村の記録など一切が焼失した。  その後,三か年休校が続き,篤志家 の努力で民家を借り学校を再開した。
    三方原歴史文化保存会

三方原小学校発祥の地碑
三方原小学校発祥の地 碑