発祥の地bannar
南第二小学校発祥の地
 [みなみだいにしょうがっこうはっしょうのち]


場所
東京都町田市成瀬
コメント
JR横浜線・成瀬駅から 北東におよそ800m。
都立成瀬高校の 200mほど西に「杉山神社」がある。神社の西側から 参道の30段ほどの石段を 上ると, 途中の踊り場のような左側の平地に 茶色の石碑が建っている。

町田市立南第二小学校は, 1873(明治6)年に 東雲寺に「成高学舎」として開校した。
ここは 現在は杉山神社の境内で, 東雲寺は 神社の東側に隣接している。 一見すると 神仏分離によって 寺と神社が分かれたのかと思うが, 実は 杉山神社は以前もっと西側にあって, 住宅地開発のためにここに遷宮されてきた。
1880(明治13)年「成瀬学校」と改称, その後「南村尋常小学校」「同国民学校」などの名称を経て, 戦後 1958(昭和33)年の町村合併により町田市が成立したため,「町田市立南第二小学校」となった。
現在の校舎は ここから300m南(町田市成瀬)にある。

撮影日
2007年2月
碑文
南第二小学校発祥の地

 明治五年(1872)に学制が発布され,翌六年(1873)東雲寺の一部を借り受け開校(成高学舎)したが 同十一年(1878) 同寺の火災により,一時三ツ又観性寺を仮校舎にあてた。 同十三年(1880)成瀬四五○七番地のこの地に,間口八間 奥行四間の草葺き平屋の校舎を新築し, 校名を成瀬学校とした。

「校舎の後には龍谷山東雲寺あり前は一面の田野で土地高 燥校庭の松竹は蒼蒼と繁って四季色を変へず校舎は端然と 直立せり」
            (南第二小学校沿革より)
 明治四一年(1908)に南村尋常小学校と改称され,同四三年(1910)八月 成瀬二一四三番地に校舎が移された。
此の度,町田市教育委員会の協力により記念碑を建立する
       平成五年(1993)三月
           成瀬郷土史研究会

南第二小学校発祥の地碑 杉山神社
南第二小学校発祥の地 碑
杉山神社