発祥の地bannar
三井工業学校創立之地
 [みついこうぎょうがっこうそうりつのち]


場所
福岡県大牟田市浅牟田町
コメント
西日本鉄道天神大牟田線の新栄町駅から東に800m。
三井化学(株)大牟田工場の北門に向って左手,道路手前に「三井工業学校創立之地」と刻まれた石碑が建っている。

三井工業学校は,現・福岡県立三池工業高等学校の前身となる工業学校で,わが国工業界の“志士”を育成する目的で,三井家によって設立された。三井が経営する三池炭鉱と付近の工場を実習場としていた。

沿革
1908年(明治41年)「私立三井工業学校」を この地(福岡県三池郡大牟田町大字稲荷)に開設。三年制工業学校として発足。
1917年(大正6年)財団法人となる。
1935年(昭和10年)現在の校地(大牟田市上官町4丁目)に改築移転。
1948年(昭和23年)学制改革により「私立三池工業高等学校」と改称。
1950年(昭和25年)県営に移管し「福岡県立三池南高等学校」と改称。定時制併置。
1953年(昭和28年)「福岡県立三池工業高等学校」と改称。
2008年(平成20年)創立百周年。

余談だが,現在の三池工業高校の敷地(大牟田市上官町)は 昔の三池集治監の跡である。今でも当時のレンガ塀や石垣の一部がそのまま残されていて,福岡県の有形文化財に指定されている。
“集治監”は明治初期に設置された 現在の刑務所の前身となる施設で,収容者には厳しい強制労働が課せられた。
“三池集治監”は,三池炭鉱での労働力を確保するために 1883(明治16)年に設置され,刑期が十数年以上の重刑のものが集められたという。その後 名称は“三池監獄”“三池刑務所”と変わり,1931(昭和6)年に宮原炭鉱の閉鎖に伴い閉鎖。その後 建物を改築して 1935(昭和10)年に 三井工業学校が移転してきた。

撮影日
2011年11月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
三井工業学校創立之地

現福岡県立三池工業高等学校
明治四十一年創立より昭和十年現在地に移転するまで
此の地にあって有為なる人物多数を輩出せし思い出の地
母校創立80周年を記念して同窓会之を建立す。
        昭和六十三年十一月吉日


 
三井工業学校創立之地碑
三井工業学校創立之地 碑