bannar
盛岡中学校濫觴の地
 [もりおかちゅうがっこうらんしょうのち]


場所
岩手県盛岡市中央通1丁目
コメント
JR盛岡駅の東 1km。盛岡公園にほど近い 岩手銀行本店の横, 歩道脇の植込みの中に, 石川啄木の「盛岡の中学校の・・・」の歌が刻まれた赤茶色の御影石製の石碑「盛岡中学校濫觴の地」が建っている。
この碑は 1983(昭和58)年11月に建てられた。

ここは 旧制盛岡中学校(現・岩手県立盛岡第一高校)の跡地である。
同校は, 1880(明治13)年に「公立岩手中学校」としてこの地に設立された。その後 「岩手県尋常中学校」「岩手県立盛岡中学校」などと改称し, 1917(大正6)年に 現在地(盛岡市上田3丁目)に移転した。
戦後 1948(昭和23)年に「岩手県立盛岡第一高等学校」と改称し, 現在は 男女共学となっている。県内の高等学校の中では最も長い歴史を有する。

石川啄木は 盛岡高等小学校から盛岡中学校まで(10歳から17歳まで)盛岡で送り,1905(明治38)年に 19歳で結婚した後も盛岡で新婚生活を送っている。

撮影日
2006年10月
碑文
盛岡中学校濫觴の地
盛岡の中学校の
露台(バルコン)の
欄干(てすり)に最一度(もいちど)我を倚(よ)らしめ
        石川啄木

 
盛岡中学校濫觴の地碑
 盛岡中学校濫觴の地 碑