発祥の地bannar
中神の教育発祥地
 [なかがみのきょういくはっしょうち] 


場所
東京都昭島市中神町1丁目
コメント
JR青梅線・中神駅から 南に800m。奥多摩街道と中神停車場通りの交差点(中神坂交差点) の北西角に 臨済宗の寺 福厳寺 がある。寺の中門の前に, 白い石柱に黒の石板をはめ込んだ 石碑が建っている。

発祥碑には 「中神学校」の創設と その前後の歴史について, 何の説明も書かれていない。
関係者に聞いたところによると, 江戸時代末期に 福厳寺には 寺子屋が開設されていた。明治初期に学制が制定されると, 「中神学校」と呼ばれる小学校になった。
その後 中神学校は変遷を経て, 現在の「玉川小学校」になり, またそこから分離して「中神小学校」になった。

撮影日
2006年2月
碑文
中神の教育発祥地
  (中神学校のおこり)

中神の教育発祥地碑 福厳寺
中神の教育発祥地 碑
福厳寺