発祥の地bannar
日本最初小学校
 [にほんさいしょしょうがっこう]


場所
京都府京都市中京区東八幡町
コメント
京都市営地下鉄東西線 京都市役所前駅の西200m。
市立京都御池中学校の前に「日本最初の幼穉遊嬉場」(日本最初の幼稚園)の碑とならんで 「日本最初小学校 柳池校」と刻まれた石碑が建つ。

1868(明治元)年に京都市が成立すると, 京都の町は 上京33, 下京23の 合計65の「組(町組)」に分けられ, それぞれ “1番組”“3番組”などと呼ばれた。 さらに それら「番組」ごとに小学校が設立された。
“上京27番組”は 1969(明治2)年に 富小路御池角守山町に「上京第二十七番組小学校」を設立。 これが 「下京第十四番組小学校」(後に修徳小学校) と共に, 京都で(=日本で)最も早く 設立された小学校となった。
1873(明治6)年に この地に校舎を新築移転し「柳池小学校」と名称を変更。
1941(昭和16)年からの「国民学校」を経て, 1947(昭和22)年 新学制により「柳池中学校」となった。(旧・国民学校は そのまま小学校に, 一部が中学校になった)。

2003(平成15)年に 元・滋野中学校 および 元・城巽中学校と合併して, 新たに 「京都御池中学校」となった。
この中学校は, “小中一貫教育”の構造改革特区の指定を受け, 御所南小学校・高倉小学校と共に 9年間を統合した“5-4制”の一貫教育カリキュラムを採用している。

京都御池中学校の校舎の外観は, 中学校にしては異様に大きい。 これは 中学校の施設に 保育所・老人サービスセンター・市役所の一部のオフィス・ にぎわい(観光)サービス施設などが一体になった複合施設「京都御池創生館」となっているため。 学校の校舎がこのような共同スペースとして利用される例は 極めて珍しい。

撮影日
2007年6月
碑文
日本最初小学校 柳池校

  小学校のさきがけと
    世にもはえある
      柳池校
    そのほまれをば
      身にしめて
    いさやつとめん
      我が友よ

明治元年九月種痘館(元有信堂)を仮学舎として授業開始
  二年五月二十一日 富小路御池角守山町に学舎落成開校式挙行
           上京区第二十七番組小学校と称す
  六年九月     柳馬場御池角川越邸祉に新築移転
           爾後「柳池校」と称す

昭和六十三年五月二十一日建之
    柳池小学校卒業生有志一同

創立百二十年
    昭和六十三年五月二十一日
       柳池尋常小学校同窓会

日本最初小学校碑 京都御池中学校
日本最初小学校 碑
京都御池中学校