発祥の地bannar
日本歯科大学発祥の地
 [にほんしかだいがくはっしょうのち] 


場所
東京都千代田区大手町1丁目
コメント
地下鉄・大手町の駅には 5本もの地下鉄線が集中しているため, うっかり手近の出口から地上に 出ると 自分がどこにいるのかわからなくて 迷子になる, という困った駅である。
その大手町駅の前, 皇居の大手門につながる“永代通り”と“日比谷通り”が交差する “大手町”交差点のすぐ近くの歩道上に 写真に示す石碑が建っている。大手町ファーストスクエア というビルの前に当る。

大手町は 新聞社(読売・日経・産経)や たくさんの銀行 などがあり, 隣接する丸の内と合わせて 日本の主要な企業の本社機能が集中している場所である。 ここ 100mほど離れた 大手門 交差点前には パレスホテルがあり, その向い側は 皇居である。
このような場所に 歯科の学校があったと聞くと, いささか驚かされる。

日本歯科大学は, 歯科医・中原市五郎氏によって 1907(明治40)年に 「私立共立歯科医学校」 として この地に創立された。
その後「日本歯科医学校」「歯科医学専門学校」と改称し, 1947(昭和22)年「日本歯科大学」(旧制), 1952(昭和27)年に 新制「日本歯科大学」となった。

撮影日
2006年7月
碑文
日本歯科大学発祥の地

中原市五郎は, この地に, 明治40年6月(1907), 公立私立歯科医学校指定規則に基づく わが国最初の歯科医学校として, 私立共立歯科医学校を創立した。わが国の歯科医療は 黎明期にあり, 「学・技両善にして人格高尚なる歯科医師の養成」を建学の目的とした。 国民の生命と健康を守るため, 歯・顎・口腔の医学を教導し, 数多くの優れた歯科医師を 輩出し, 歯科医療の発展と患者の福祉に尽力した。明治42年に現在の千代田区富士見 1丁目に移転し, 日本歯科医学専門学校を経て昭和22年に日本歯科大学に昇格した。日本 歯科大学は, 私学として「自主独立」という建学の精神を継承し, 生命歯学部と新潟生 命歯学部の2学部をはじめ, 大学院2, 付属病院3, 短期大学2, 博物館1を有する世界最 大の歯科大学となった。
      日本歯科大学創立100周年記念 2006年1月吉日建立
          日本歯科大学校友会


 
日本歯科大学発祥の地碑 パレスホテル
日本歯科大学発祥の地 碑
パレスホテル