発祥の地bannar
日本最初の幼稚園
 [にほんさいしょのようちえん]


場所
京都府京都市中京区東八幡町
コメント
京都市営地下鉄東西線 京都市役所前駅の西200m。
市立京都御池中学校の前に「日本最初小学校 柳池校」の碑と並んで 「日本最初の幼穉遊嬉場」と刻まれた石碑が建つ。
椅子をかたどった石碑の座面に 金色の円錐が載っている, 不思議な形の記念碑である。

碑に書かれた“穉”の文字は“稚”の異字で, 明治初期の幼稚園の呼び方だったらしい。
1872(明治5)年に 学制が発布され, 全国に大学から小学校までを設けることになったが, 幼児教育に関しては 小学校の一種として「幼稚小学」と定義されたが, 幼稚小学は規定のみで 実際に設置されることはなかった。

全国に先駆けて小学校の設置を進めていた京都市は, 1875(明治8)年に 柳池小学校内に「幼穉遊嬉場」を開設した。これは ドイツの幼稚園を模範としたものといわれ, 学制に基づく“幼稚小学”ではない。
しかし,この幼稚園は時代に合わなかったせいか あまり受け入れられず,わずか1年半で廃止された。 その後, 1929(昭和4)年になって再開され , 1996(平成8)年に 日彰幼稚園・生祥幼稚園 など 6つの 幼稚園と統合され, 現在は「中京もえぎ幼稚園」となっている。

撮影日
2007年6月
碑文
日本最初の幼穉遊嬉場

  京都市立 柳池幼稚園記念碑
         開園  明治8年12月
         閉園  平成8年3月

日本最初の幼稚園碑
 日本最初の幼稚園碑