発祥の地bannar
西多摩小学校発足の地
 [にしたましょうがっこうほっそくのち] 


場所
東京都羽村市羽中4丁目
コメント
JR青梅線・羽村駅から 北西に1.2km。羽村第一中学校の西方に 玉川神社がある。 神社の鳥居前に 羽村市教育委員会が建てた「西多摩小学校発足の地」碑がある。

1877(明治10)年, ここ玉川神社の境内に校舎を新築し「羽村学舎」と称した。
1889(明治22)年 羽村・五ノ神村・川崎村が合併して西多摩村となり「西多摩尋常高等小学校」と 称し, その12年後に 現・羽村一中の所在地に校舎を新築, 移転。
1931(昭和6)年「西多摩国民学校」, 1947(昭和22)年「西多摩小学校」と校名を変更。
1956(昭和31)年 町制施行により羽村町が誕生。(1991年に 羽村市) 「羽村小学校」と校名変更。翌年 現在地(羽加美4-2)に移転し, 「羽村西小学校」となる。

撮影日
2006年2月
碑文
西多摩小学校発足の地

 羽村の学校教育は, 明治6年(1873)禅林寺・禅福寺・一峰院などを仮校舎として始まり ました。ニ年後に麻布高須塾から佐々蔚(さっさしげる)先生を迎えて校舎新築の機運が 高まり, 中島与一右衛門を中心に, 学区取締役指田茂十郎や戸長坂本海助らの尽力によ って, この諏訪の森を校地に選定しました。明治10年, 間口八間(約15m), 奥行四間の 二階建校舎が完成し, 羽村と五ノ神村の生徒150人が学ぶようになりました。翌年1月8日に 西多摩学校開校式が盛大に行われ, 近代教育の第一歩を踏み出しました。その後, 生徒数は増え続けて明治34年(1901)には500人に達したので, ここから天王台(現第一中 学校所在地)に移されました。
    平成6年3月
            羽村市教育委員会

西多摩小学校発足の地碑 玉川神社
西多摩小学校発足の地 碑
玉川神社