発祥の地bannar
小田原高等学校発祥之地
 [おだわらこうとうがっこうはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
神奈川県小田原市栄町1丁目
コメント
小田原駅の東口。駅前広場に面して, 駅に向って左端近くに, 高さ1.5mの白い石碑が建つ。

この石碑は 小田原高校創立100年を記念して 2001年に小田原駅東口に建立されたが, 小田原駅東西自由通路開設に伴う駅改築工事のため 一時的に撤去されていた。 今年(2005年10月?)から 再び駅東口に再建された。

なお, 小田原高校は 2004年4月に, 旧・小田原高校と 旧・小田原城内高校が合併して, 新・小田原高校(単位制高校)としてスタートした。
城内高校は 1903(明治36)年創立の, 数少ない県立女子高だったが, 小田原高校との 合併により 2004年に 100年の歴史を閉じた。
小田原城学橋前付近に“城内高校建学100年記念碑”が建っている。

  神奈川県立小田原城内高等学校
     建学100年記念碑

 明治36年, 女子高等教育 のための学校設立に情熱を傾け た地元有識者の尽力により, お濠端のこの地に小田原高等 小学校女子部講習科が開かれ, 明治40年町立小田原女学校 として開校, 翌年高等女学校 となり, 44年新校舎が落成 いたしました。
 その後震災, 戦争など時代の 変遷と共に校舎は数度移転し, 校名も県立小田原高女, 県立 小田原女子高, 県立小田原城内 高校と変わり, 神奈川県の女子 教育の拠点の一つとして百年の 歴史を刻んで参りました。
 平成16年4月からは, 県の 教育改革によって県立小田原高 校と再編統合され, 新たに単位 制高校として発足することに なりました。
 ここに建学百年を記念して この碑を建立します。

    平成15年10月吉日
      神奈川県立小田原城内高等学校
             同窓会 梅窓会

撮影日
2005年10月
碑文
小田原高等学校発祥之地

明治33年(1900)神奈川県第二中学校設置が認可され, 翌年ここ新蔵 揚土の地に開校した。その後県立第二中学校、県立小田原中学校と改称。 大正3年, 東海道線小田原駅開設のため, 北条5代の小田原城址であり宮内省の御料地 であった八幡山の現在地に移転。昭和23年 県立小田原高等学校となった。

    神奈川県立小田原高等学校
      創立百周年記念事業実行委員会
        平成13年4月吉日
                  題字 大島修穂


 
小田原高等学校発祥之地碑 小田原城内高校 建学100年記念碑
小田原高等学校発祥之地 碑
小田原城内高校 建学100年記念碑


移転先 http://840.gnpp.jp/odawarakotogakko/